Web制作メモ -トップへ-

[Dreamweaver] _notesフォルダを自動的に作成されない方法

Web全般2015.02.05 13:34

Dreamweaverを使っていると_notesというフォルダが自動的に作成されていることがあります。

これはDreamweaverが使うファイルで、主に処理のスピードアップに使われます。

これらのファイルはプロジェクトの中に作られるので、間違えてリモートサーバーにアップされることがあります。

リモートサーバーにあってもただのゴミ以外に何の役にも立たないので、削除しても問題ありません。

不要であれば、そもそも作成されないようにしておくことも出来ます。

_notesフォルダの役割

_notesフォルダの中には2種類のファイルがあり、一つは拡張子がmnoのファイルで、もう一つはdwsync.xmlというファイルです。

拡張子がmnoのファイルはデザインノートと呼ばれています。

デザインノートは、FireworksやFlashと連携する際の処理をスムーズに行う為のファイルです。

FireworksやFlashを使わないなら削除しても問題ありません。

dwsync.xmlは同期情報を保持する為のファイルです。

「リモートサーバーに同期」を実行する際などに、高速に同期が行えます。

dwsync.xmlが無いと、ローカルとリモートの全てのファイルがその都度比較され、ファイル数に応じて時間がかかります。

ファイル数が多いサイトでは数分待たされるので、dwsync.xmlは残しておいたほうが使い勝手が良いです(dwsync.xmlがあれば、数分も関わらず終わります。)

「リモートサーバーに同期」を使わず、手動でアップロードするなら、dwsync.xmlも削除しても問題ないと思います。

_notesフォルダを自動で作成されなくする

デザインノートとdwsync.xmlを作成しないように設定すれば、_notesフォルダも自動作成されなくなります。

どちらのファイルも「サイトの管理」の「サイト設定」で設定を行います。

デザインノートを作成しない設定

[サイトの管理]-[サイト設定]
ここで、[デザインノートの保持]のチェックを外す
すると、既存の_notesフォルダを削除するか聞かれる
→「はい」を押せば既存のデザインノートを削除
→「いいえ」を押せば既存のデザインノートを残す

dwsync.xmlを作成しない設定

[サイトの管理]-[サイト設定]-[サーバー]-[詳細設定]
ここで、[同期情報の保持]のチェックを外す