Web制作メモ -トップへ-

[SOY CMS & SOY Shop] データベースメモ

Web全般2014.06.25 03:17

SOY ShopはMySQL以外にSQLiteをデータベースに選択できます。

SQLiteはファイルを一つのデータベースとして扱うので別途データーベースサーバを用意する必要がなく小規模なサイトに向いています。

バックアップもFTPでファイルをダウンロードするだけです。

SOY ShopのSQLite版を選択するとディレクトリの色んな場所に拡張子が.dbのデータベースが作られます。以下はそのメモです。

/サイトディレクトリ/public_html/shop/.db

SOY Shopのデータベース。ショップの設定、注文履歴、顧客情報、登録した商品の情報、各ページ、プラグインの設定など、SOY Shopのほぼ全てのデータがここに入っている。

/サイトディレクトリ/public_html/shop/files

SOY Shopの商品画像。商品やカテゴリイメージの画像が格納されている。

/サイトのディレクトリ/public_html/blog/.db

SOY CMSのデータベース。投稿した記事、ページ、ラベルなどSOY CMSのほぼ全てのデータが入っている。
※プラグインの設定は入っていないので、使っているプラグインがあれば手動で設定が必要

/サイトディレクトリ/public_html/system/common.db/inquiry.db

SOY Inquiryのデータベース。問い合わせ内容、フォームの設定、サーバのメール設定、アップロードディレクトリの設定などSOY Inquiryのほぼ全てのデータが入っている。

その他

SOY Inquiryのデータベースがある場所には他にも複数のデータベースファイルがある。cms.dbにはサイトの設定など重要なデータが入っている。

SOY Shopのデータベースをコピーした後はクラスファイルの再生成が必要なことがある。

クラスファイルの再生成が必要な場合、SOY Shopにログインしページ設定を表示すると右下にメンテナンスという項目があり、そこにクラスファイルの再生成という項目が表示されるので、それをクリックする。必要ない場合は表示されないようです。