Web制作メモ -トップへ-

モリサワフォントが高いのでダイナフォントに変更しました。

Web全般2015.11.12 05:19

ダイナフォントって良いですね。

今回は、モリサワフォントを止めてダイナスマートに切り替えたという話です。

DynaSmart(ダイナスマート)製品 | ダイナフォント年間ライセンスシステム

以前、1万円程でダイナフォント(DynaFont TypeMuseum)を買いましたが今まで使っていませんでした。

ライセンスが、通常の印刷使用などはOKですが、Webデザインに使えなかったので諦めていたんですよね。

それで仕方なくモリサワを使っていましたが、値段が高い…。

年間約4万円、月あたり約3300円という計算に。

更新時期が来たので調べていると、モリサワの更新専用パックがアマゾンで40382円

参考価格51840円から22%OFFで売っています。

MORISAWA PASSPORT更新専用パック

高いなぁと思って調べていると、ダイナフォントでWeb使用OKのダイナスマートというライセンスがあるようです。

ダイナスマートは年間25000円、Webデザインの使用もOKです。

こちらはアマゾンで、参考価格27000円から23%OFFの20720円です。

DynaSmart 更新パック

年間2万円なら、月あたり約1700円

まだ高い…、1000円ぐらいになってくれると嬉しいのですが。

でも年間4万が2万になるなら十分ありがたいですね。

DynaFont TypeMuseumで一通り試してみましたが、モリサワに遜色なく使えます。

むしろモリサワより使いやすいような気もしたり。

書体が少なくて使いやすいです。

モリサワはヒラギノとタイプバンクを取り込んでますので、

明朝体1つ使うにしても、モリサワのリュウミン・黎ミン・秀英明朝等に加えて、ヒラギノ明朝やタイプバンクの本明朝など、選択肢が多すぎるんです。

正直、どのフォントでもOKという場面のほうが多いと思います。

その点、ダイナフォントは迷わなくて楽です。

明朝はDF平成明朝かDF華康明朝、ゴシックはDF平成ゴシックかDF華康明朝、丸ゴシックや楷書も綺麗にまとまっています。

さらにモリサワフォントには無い特徴的な自体も沢山あります。

DF金文体やDF談楷書などはお気に入り。

POP体や手書き風書体が充実しているのも素晴らしい。

モリサワのはるひ学園のようなフォントであればDFクラフトというシリーズやその他書体にあります。

似たような明朝体から最も適したフォントを選ぶというシビアな選択を迫られる業務でない限り、ダイナフォント1本で十分な気がしますね。

価格も内容もダイナスマートのほうが優れている気がします。

というわけで、モリサワを更新するのは辞めました。

更新ではなく新規契約の場合、DynaSmart Now!という商品になります。