Web制作メモ -トップへ-

[さくらのVPS設定(2/3)] PHP,Ruby,MySQL,Railsのインストール

Ruby2016.01.20 15:14

Railsに必要なソフトを一通りインストールしていきます。

今回、Railsはサブディレクトリに入れて、Railsのディレクトリ以外では静的ページも普通に表示できるようにするのでPHPも入れておきます。

PHPのインストール

PHPをインストールします。

# yum install php php-mbstring

バージョンを確認します。

# php -v
PHP 5.3.3 (cli) (built: Jul  9 2015 17:39:00) 

PHPの設定をします。

# vi /etc/php.ini
---------------------------------------------------
以下の設定値を探して、
;error_log = php_errors.log
;default_charset = "iso-8859-1"
;date.timezone =
;mbstring.internal_encoding = EUC-JP
;mbstring.http_input = auto
;mbstring.detect_order = auto
expose_php = On

以下の値に変更する
error_log = /var/log/php_errors.log
default_charset = "UTF-8"
date.timezone = "Asia/Tokyo"
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = auto
mbstring.detect_order = auto
expose_php = Off
---------------------------------------------------

Apache用の設定ファイルも自動で作られているので確認しておきます。

# vi /etc/httpd/conf.d/php.conf

Apacheを再起動すれば、PHPが使えるようになります。

# service httpd restart

Rubyのインストール

rubyはrbenvを使ってインストールします。
rbenv管理でインストールすると複数のバージョンのrubyを手軽に切り替えられます。

gitをインストールします。

# yum install git

rbenvをインストールします。

# cd /opt
# git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git
# mkdir /opt/rbenv/plugins
# cd /opt/rbenv/plugins
# git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git

システム起動毎のrbenvの設定をする

# vi /etc/profile
---------------------------------------------------
以下の設定値を追加します。
export RBENV_ROOT="/opt/rbenv"
export PATH="${RBENV_ROOT}/bin:${PATH}"
eval "$(rbenv init -)"
---------------------------------------------------

上記の設定を反映する

# source /etc/profile

Rubyのインストールで必要なモジュールをインストールしておく

# yum install gcc make openssl-devel libffi-devel readline-devel

インストールできるrubyのバージョンを確認する

# rbenv install -l

今回は2.2.1をインストールします。

# rbenv install 2.2.1

通常使用するバージョンに設定

# rbenv global 2.2.1

これで完了です。バージョンを動作します。

# ruby -v
ruby 2.2.1p85 (2015-02-26 revision 49769) [x86_64-linux]

gemも動いています。

# gem -v
2.4.5

MySQLのインストール

MySQLをインストールします。

# yum install mysql-server

文字コードでUTF-8を指定する

# vi /etc/my.cnf
---------------------------------------------------
以下の設定値を追加します。
character_set_server=utf8
default-storage-engine=InnoDB
innodb_file_per_table
[mysql]
default-character-set=utf8
[mysqldump]
default-character-set=utf8
---------------------------------------------------

MySQLを起動する

# service mysqld start

管理者パスワードなどを設定する

# mysql_secure_installation

自動起動するようにしておく

# chkconfig mysqld on

ログイン確認

# mysql -u root -p
mysql> quit

Railsのインストール

Rails 4.2.5 もインストールしておきます。

# gem install rails -v 4.2.5 --no-ri --no-rdoc

バージョンを確認します。

# rails -v
Rails 4.2.5