Web制作メモ -トップへ-

PassengerのX-Powered-Byを消しておく

Ruby2016.02.01 03:17

レスポンスヘッダを眺めていたら、Passengerが何やら余計な情報を垂れ流していました。

Responce Headers

X-Powered-By:Phusion Passenger 5.0.23
X-Runtime:0.011550

ネットで検索して早速削除!

vi /etc/httpd/conf.d/passenger.conf
以下の4行を追加
Header always unset "X-Powered-By"
Header always unset "X-Rack-Cache"
Header always unset "X-Content-Digest"
Header always unset "X-Runtime"

大変参考になった記事