Web制作メモ -トップへ-

[PHP] ページビューカウンターの作り方

PHP2014.12.12 21:07

アクセスがあるごとにカウント数を記録したファイルから値を読み込み1足した値を書き込むコードです。サイトのページビューのカウントなどに利用できます。

ページビューカウンター

$file = "count.cgi";
if(!file_exists($file)){
    //ファイルが無ければ値を0で新規作成
    file_put_contents($file, 0);
}
$n = file_get_contents($file);
$n++;
file_put_contents($file, $n);
echo $n;

file_exitsts()は引数に指定されたファイルが存在するならTRUE、存在しないならFALSEを返します。上記のif文では否定論理演算子(!)がついてますので、「ファイルが存在しなければ」という意味になります。

file_put_contents()はファイルを作成/上書きする関数です。第一引数で出力先のファイル名、第二引数で書き込む値を指定します。

file_get_contents()はファイルの内容を一度に読み取る関数です。引数は読み込むファイル名で、返り値はファイルの内容です。

file_put_contents()とfile_get_contents()は、ファイルに追記したり一行ずつ読み込んだりなどの難しい処理は出来ませんが、ファイルを開いたり閉じたりといったファイル操作が不要で使いやすい関数です。